投資実績

キャピタルゲイン実績公開 - 日本銘柄編(2019年2月末現在) 評価損は138,900円でした

以下のとおり2020年2月末時点の日本株のキャピタルゲインの状況を公開いたします。

それがこちら。

御覧のとおり、現在保有している日本銘柄は日本たばこ産業(JT)と2019年2月末に取得したオリックスの2銘柄のみ。(自社株分は除く。)

そして評価額合計はわずか603,000円と米国株に比べ極めて少額、1%程度にしかすぎません。

しかし、日本株への投資の場合もその投資方針はインカムゲイン投資に基づいたものであり、米国株と何ら変わることはありません。

とは言うものの、違いはあります。

その一番の違いは?と言えば、

もちろん株主優待。

日本銘柄への投資の場合、結果的にではありますが、現在優待のある銘柄に投資しています。

正確に言えばJTに関しては優待はまったく意識していなかったのですが、その楽しさを知ってしまい、オリックスについては優待を意識して投資した、というのが正直なところ。

この優待、今では配当に勝るとも劣らない位楽しみとなっています。

そして、家族(妻)へ株式投資の良さを理解してもらう意味を含め、極めて重要な意味を持つ、と考えています。

その評価損益ですが2月末現在で合計で138,900円もの含み損。

そしてその原因はもちろんJT。

米国銘柄同様この銘柄の場合も株価にはこれっぽっちも期待していなかったのですが、その期待に見事に答えてくれています。(笑&汗)

一方のオリックスは含み益状態ではありますが、その理由は自己株買いの真っ最中だから。

おそらく買い付けが終了した後はまた元の株価にしっかり戻ってくれることでしょう、、、(自虐的)

しかし、米国株式同様インカムゲイン投資家として時価はほとんど気にしていません。

ただ、米国株と日本株とで長期的なパフォーマンスがどうなるのか、という点は非常に興味があります。

当方の予想は米国株が日本株を上回る、というもの。

もちろん、これはあくまで当方が選定した数少ない銘柄のみでの比較であり、またそもそも投資したタイミングも銘柄数も金額も異なるわけでまったく意味のないもの、なのかもしれません。

仮にこの結果、米国株が日本株を上回ったとしても、だから日本株はダメ、などというつもりも毛頭ありません。

やはり自分には日本株は向いていない、実力がないだけ、ということです。

実力のなさに関してはこちらをご覧ください。

私の投資履歴書⑦-木に登った豚、真っ逆さまに落下 日本株での惨敗さて、日本株と金投資で大成功をおさめた当方、その後もいい加減な投資方針のもと、日本株の買いをどんどんと進めていきます。 しかし所詮...

あるいは予想に反して今月のように(米国株は前月比10.5%の減少)日本株が米国株を上回るかもしれませんし、、(可能性は極めて低いと思っていますが。)

そう言う意味では今後の推移を非常に楽しみにしているところです。

ちなみにこの2銘柄の現在の優待内容は以下のとおりとなっています。

JT優待内容

Bコース 200株以上1,000株未満保有の株主様 【2,000円相当】

1. ご飯セット(28食)

2. カップ麺セット-鶏がら醤油(24食)

3. カップ麺セット-合わせ味噌(24食)

4. カップ麺セット-広東白湯麺(24食)

1から4の中からの選択

オリックス優待内容

ふるさと優待

「ふるさと優待」は、オリックスグループの全国のお取引先が取り扱う商品を厳選してカタログギフトに仕立て、対象となる株主の皆さまに、その中からお好きな商品を1点お選びいただく株主優待制度です。

また、100株以上を3年以上継続保有いただいている株主の皆さまには、ワンランク上のカタログギフトをお届けします。

  

株主カードによる優待

株主カードのご提示により、オリックスグループがご提供する各種サービスを割引価格でご利用いただけます。

以上、ご参考まで。

(日本株への投資にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

POSTED COMMENT

  1. ひろー より:

    こんにちは。
    当方も日本株とJ-REITを保有しています。
    先週ズドーンと下がった後は、あんまり下がらないなという感じで見ています。
    流石にINVだけは怖くなったので同値撤退で売りました(冷汗)

    • naobito より:

      ひろーさん
      なかなか幅広く投資されていますね。
      当方は日本株の才能はないことが証明済みですので(笑)ごくごく少額で優待どもども楽しんでいる感じです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です