窓際中年のつぶやき

「再雇用は希望しません。」と回答 ついに退路を断ちました

以前の記事で当方が来年定年の年を迎えること、そして上司から雇用延長する場合には誕生日から1ヶ月以内に申請が必要であると伝えられたことを書きました。

「定年延長されますか?」で痛感。サラリーマンの悲しい性(さが)7月と言えばオリンピック(開始)の月であると同時に当方の誕生月。(何の関係もないが、、、) お陰様で(?)間もなくまた一つ年を取り...

もちろん雇用延長はしない。つまり60歳できっぱり会社を辞めるつもりでいた。

ただこの夏休み、コロナ下ということもありほぼ毎日自宅で過ごし妻と顔を突き合わせていた中で、

「これでいざ定年して毎日が日曜日になったら一体どうなるのだろう?」

と大いに不安を覚えたことは確か。

アーリーリタイア実行への不安 - 長期連休を終えて8月の長期連休が終わりました。 当方が勤務する会社の場合、毎年1週間以上の連休となっているわけですが、コロナ前であれば最低でも2泊...

「やっぱり再雇用希望を出した方が良いのでは?」

という思いが頭をよぎりました。

しかしそんな思いがいざ出社していみたら一気に吹き飛んだ。

何の権限もない、後輩からの指示を受ける役職定年としての日々がまた始まった。

やはり耐えられそうにない、、、

そして下した決断が、

誕生日から1ヶ月を過ぎても雇用延長の申請書を提出しないこと。

つまり期日までに提出しなければ自動的に延長の意志がないことがわかる。

そして期日を3日過ぎても、一週間過ぎても上司からは何の反応もなかった。

むろん引き止められるどころか、あらためて意思確認されることすらなかった。

ラインをとっくに外れた、ある意味お荷物の窓際職としてわかってはいたがやはりむなしい、、、

ただもう後戻りはできない。

前に進むのみ。

毎日が日曜日になる来る日に備え、今から念入りに準備することが必要。

あの夏休みのような無為な毎日を絶対に過ごしてはならない!

という思いを新たにしているところです。

そんな折、最近定年を迎えたばかりの海外駐在時代の知人から日々の生活について連絡が来た。

そこには、

・ウォーキング

・サイクリング

・めだかの飼育

・美術館巡り

・絵画

・野菜栽培

等々で忙しい日々を送っています!

とあった。

充実した第2の人生を送れるかどうかはやはり趣味の充実がポイント。

現在の当方の趣味と言えば、

・株式投資

・ブログ作成

・ガーデニング

・ウォーキング

果たしてこれらの趣味のみで充実した第2の人生を送れるのか?

退職日まで残り8か月を切っていますので、真剣に考えたいと思います。

(定年延長の判断にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

POSTED COMMENT

  1. Rsingball より:

    これから新しいことにチェレンジして、
    そこで知り合う人との交流で新しい世界が
    広がれば良いと思います。

    • naobito より:

      Risingballさん
      新しい世界を広げねばならない、と真剣に考え始めています。
      ただ自身の性格もあり結構悩んでいます。
      このあたりは追って記事にするつもりです。

  2. ひろー より:

    こんにちは。

    絵画良いですね。このメールアドレスに紐づいているGravaterのアニメアイコンは自分で描いたものです。
    デジタルではメモリの許す限りやり直しが効くので、PCでの絵画を覚えたらそうそう画材に描くようには戻れません。

    なおびとさんは何かもう少し体を動かせる趣味があると良さそうに思います。

    今はコロナで遠出ができないので封印していますが、当方は登山の趣味もありまして、甲武信ヶ岳に日帰りで登頂した事があります。某鬼アニメの炭治郎の出身地で有名となった(?)雲取山も日帰りで登頂しています。
    登山は低山であれば割とすんなり登頂できて、リフレッシュできますね。
    奥多摩の鷹の巣山はコンパスがなければ方向感覚を失って遭難しそうでした。
    1500m以上の山で木々が鬱蒼と生い茂っている山に登山する際にはお気をつけください。(そんな機会があるのだろうか・・・?)

    ちなみに、再雇用を希望しない件は奥様と侃々諤諤と意見を交わされたのでしょうか・・・?

    • naobito より:

      ひろーさん
      こんにちは。
      当方の場合絵画はちょっと、、、、ですが、コロナ前はトレッキング程度であれば妻と結構やってました。
      (登山とはひろーさんは本格的ですね。)
      なのでコロナが落ち着いたら是非再開しようと考えています。
      尚。再雇用を希望しない件については、これまでちょくちょく「俺は60で辞める。」宣言をしていますので大丈夫だと思います。

      • ひろー より:

        こんにちは。

        > 尚。再雇用を希望しない件については、これまでちょくちょく「俺は60で辞める。」宣言をしています

        え、とはいえ重要な決断なので一回は確認するのが筋ってもんじゃないでしょうか。

        当方は転職する時に自分の中で100%決まったと思っていても妻には一言以上相談しましたよ。
        妻は「やりたいことが出来るなら良いんじゃないの。妻や子供がいるからと言い訳したらわかってるよね?」と言われたので、とても良い奥さんです。(言い訳すんな圧はいつもすごいです)

        お金関連ではとても恨みも深くなるので、それこそ最近は奥さんの元妹夫婦はまだ小さいお子さんがいるのにお金で折り合わずに離婚されていました。

        そういう意味では今からでも遅くはないので、一言だけでも再雇用の延長はしないという意思表示をしたとはっきりと伝えるのが良いと思います。
        いきなり来年の4月から「俺、もう辞めたから仕事行かへんで。」と言われる身を想像してみてください。。。

        • naobito より:

          ひろーさん
          こんにちは。
          奥さんの妹さん、そんな経験をされたのですね。
          やはりお金がからむと怖いですね。
          我が家の場合、しっかりと意思表示はしていますので大丈夫ですが、石橋を叩くつもりで再度伝えるつもりではいます。

  3. おおきなわっか より:

    こんにちは、正直者様大きな決断をされましたね。永年お勤めご苦労様でした。コロナ禍お悩みのようですがご自身が判断した事に間違いはないと思います。会社に行かないからと魂がぬけたらセカンドライフに楽しみが見えなくなると考えます。私事ですがセカンドライフの一つにYou Tube見て影響を受けた船旅を夢見ています。それ以外にも数個、正直者様もぜひセカンドライフ楽しみましょう。失礼します

    • naobito より:

      おおきなわっかさん
      こんばんは。
      船旅ですか、いいですね。
      おおきなわっかさんは今からいろいろとやりたいことの準備を着々と進められているようですね。
      当方も決して抜け殻状態になることなく、充実したセカンドライフを過ごせるようがんばらねば。

  4. 参乃掌 より:

    まだ少し先にはなりますが、お勤めご苦労様でした。
    何も期待されない空気のような位置にいるのは、そこまでと決めたらそれ以上エネルギーは持たないですよね。目的のおカネも下がるなら尚更です。

    第二の人生が良き時間であることを祈っています。

    • naobito より:

      参乃掌さん
      コメントありがとうございます。
      そうなんです、もはやモチベーションが維持できなくなっています。
      もし週休4日でいいなら、なんとか維持できそうなんですが、、、(笑)

  5. Roy より:

    大変な決断でしたね。
    大丈夫、この後、超幸せが待ってますよ。このブログのコメント見てても、嫌なコメント無いのは、人柄の為かと。
    ずーっと徳を積んできたんですよ。
    4月まで、楽しんで行きましょう♬

    • naobito より:

      Royさん
      コメントありがとうございます。
      嫌なコメントはたまにいただきますが、誠に勝手ながらないものとして処理させていただいております。(笑)
      4月まで、というか4月以降楽しめるように今から準備していきたいと考えているところです。

  6. ウィニングチケット より:

    こんばんは。

    限りある人生。
    時間は有限です。

    バルコニーでゆっくりくつろぎながら
    想像の羽を広げて
    哲学、歴史、文学、思想、思索にたびに出ることが
    大好きなモノには必要なものは
    たくさんのお金でもたくさんのモノでもなく
    ただただ精神の自由を、自分のモノである
    時間だけですね。

    1年でも1日でも1時間でも早く自由な時間を
    勝ち取りたいものです。

    • naobito より:

      ウィニングチケットさん
      おはようございます。
      時間は有限。
      精神の自由
      まったくおっしゃっるとおりで、この2つを意識した時、リタイアって必然だと思うんです。
      必要なのは決してたくさんのお金でもモノでもない。
      但し、リタイア後のお金の心配がないことが必須。
      そのための必需品が株式投資。
      なのではないでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です